若々しい印象は肌・姿勢・歯。そして髪。ボリュームアップする髪。

こんにちは。理容師の黒川結子です。

今日はヘアスタイルの話題。花結では珍しい内容です(^^)

最初にその経緯から。
サロンオープン時からケアやビューティを意識していたので、早い段階でアイロンもヘアカラーも手放していました。 でも2年前に新しい商材とアイロンパーマスタイルを得意としている方の投稿をSNSで見かけまして、気になってしまいました。

“ボリュームダウンしている髪のせいで加齢感の悩みを抱えている方に喜ばれそう❣️”と。
70代のKさんが思い浮かびまして、想像したらアイロン仕事を再燃してみようかという気に。

肌、姿勢、ヘアスタイルは、加齢感が高まるか、若々しくなるかの印象を左右する。

そしてKさんのご来店。
いつものようにヘアカット顔そり(シェービング)。そしてふんわりのアイロンパーマ
 
同じ服装なのにペチャンコ髪で来店されたときは老けて見えたのが、ボリュームアップした髪の仕上げでは見違えるくらい上品で若々しく見えて、その変わりように驚きました。
全貌をお見せできないのが、本当に残念です。

見た目の印象は心のうるおいにも影響を与える

私自身が50代になってみて感じたこと。
若くなりたい!あの頃のように戻りたい!というものではなく、順当に老いるとしても、カツカツに枯れていくのではなく、重ねた歳を潤いとして使っていけるようになりたいなと。

そのためには若いときと違って、それなりに手をかけなければなりません。時間やお金も(笑)

でも若々しい印象を鏡越しに見たら、心も弾むんですよ。いつもはペチャンコな髪の毛が、ふんわりしている。それだけで明るい気持ちになる。
その結果、心も潤って、益々、イキイキと若々しい老いにつながります。