自宅で使う女性用のおすすめカミソリとカミソリを使うコツ。

日光浴中の陳皮梅

こんにちは。
遅れてやってきた夏に、仕込んだ梅をせっせと日光浴をさせるかたわら、日差しを避けたい理容師の黒川結子です。

冒頭文に絡めて、紫外線についての内容にすればよかったのに、今日はお客様から相談された家で自分で使うカミソリについて。

理容師が使うカミソリを売ってもらえるの?

なんかね、自分で剃るとジャリジャリ音がして痛いの。
自宅で使うのに、おすすめのカミソリありますか?
こちらで剃っていただくと、なめらかで、ちっとも痛くないから、こちらで使っているのを売ってもらえるのかしら??

お客様からの相談より

えっと・・
理容師が使用するカミソリを販売することは可能ですが、ご家庭でセルフシェービングに使うのにはお勧めしませんねぇ。。
理由はカミソリのお手入れを怠ると腐食してくるし、替え刃も適切な洗浄をせずに何回も使ってしまうから。
また、市販で販売されているのと異なり、かなり大きめサイズなので使いにくいと思います。

どんなカミソリなら女性が家庭でセルフシェービングをするのに向いてるの?

女性用かみそり

↑画像のカミソリはドラッグストアやスーパーで販売されているもの。
女性が家庭でセルフシェービング(顔そり)するのに適している一般的なタイプ。
刃の先がギザギザとしたものにガードされているので、うっかり横滑りしても皮膚が切れにくい工夫がされています。
が、全く切れないわけではないので、使用は丁寧に。

この2本、ちょっとだけ形状が異なるのがわかりますか?
水色のは先が三角のような形、黄色は四角。
わずかな違いですが、その違いで、おすすめタイプを分けてみます。

タイプ別に適した、おすすめのカミソリ形状

超初心者・老眼で産毛が見えにくい方・不器用だと思っている方

➡黄色い方の刃先が四角い形のものがおすすめ。

セルフシェービングに慣れている方・産毛が見えている方・※眉毛も整えたい方

➡水色の刃先が三角の形をしているものがおすすめ。
※眉毛は眉毛用に別にそろえるといいのですが、1本をマルチに使いたい場合。

女性のセルフ顔そりに使うカミソリは、基本、1回使い捨てを推奨!

えーー勿体ない!!って、思った人、手あげて〜
はーい(¬_¬)…
いや、言っておきながら、わたし自身、まだしばらく使えると思って使ってた人です。

が、、、お客様から1年くらい使っていたなんてことを聞いてしまったら、それはいくらなんでも、ねぇ(๑*Д*๑)!!
衛生面を最優先したら1回ごとの使い捨て
使った後の適切な洗浄ができていれば2回まではいいかも。
(結局は自己責任ということになってしまいますが)

また、切れ味の悪くなったカミソリを使うと、必要以上に力を入れてしまう為、そのような理由からも1回で捨てるを推奨してます。

セルフシェービングの方法とコツ。

ここでのセルフシェービングは、サロンシェービングが30日に1度(月に1回)を前提とした方法になります。
サロンでシェービングを定期的に行うとお肌の調子が向上してくるので、上手に剃れない自分ではカミソリを使いたくないと思うものの、次回来店まで鼻の下のうぶ毛が気になる方は多いです。
また、50代になると眉毛の下のうぶ毛も気になるようです。
ということで、サロンのシェービングから次回の来店までの間で1度、鼻の下と眉下のうぶ毛をセルフシェービングをするとよいでしょう。

まずは下準備。
クレンジング➡やさしい洗顔➡化粧水、乳液で肌を整える
↑↑ここまでの下準備をしてから剃ってね。↑↑
再度、乳液やゲル等を肌につけて剃ります。
動画だとわかりにくいのですが理容師しか知らない・・
理容師だから知っている、カミソリを使うコツ
刃の先端では剃らないこと。

ついつい、先っぽの方で剃りたくなっちゃうと思うのだけど、肌がチクチク、ヒリヒリの原因になりますよ。
なので、慣れていなっ方には、カミソリの先が三角ではなく四角いタイプが推奨なんです。