「エステサロンには行ってみたいけど、肌を見せるのがイヤ」

「ガチガチな身体をほぐしたいけれど、痛いのはもってのほか」

あなたに、このようなお悩みはありませんか?

脱がない全身リラクゼーションエステの当店でなら、大丈夫。

こんな方にオススメです

  • 肌を見せるエステサロンやに抵抗のある方
  • 圧の強いマッサージや、痛みをともなう施術が苦手な方
  • 過去に病気や手術を経験していて、特定の部位に常に違和感のある方

メニュー・料金表

ヘッド・フェイシャルコース 60分11,000円
全身コース 90分16,500円

脱がない全身リラクゼーションエステとは

ねじれた皮膚を元の位置に戻すように、終始やさしくやさしく、身体にふれていきます。

機械はいっさい使いません。

すべて私の「手」による、揉まない、押さない、タッチケアです。

必要以上に強い力を加えると、身体は自分を守ろうとして反発し、さらに硬くなります。

これが、いわゆる「もみ返し」の状態です。

リラックスしたくて、お金を払って時間を使ったのに、気持ちいいのは一瞬だけで、すぐにもとに戻ってしまうなんて、だれも望まないのではないでしょうか(もちろん、強い圧がお好きな方もいらっしゃいます)。

自分では気づきにくいですが、日常の姿勢グセなどにより、骨格や筋肉は、しずかにゆがんで、ねじれていっています。

その「ゆがみ」や「ねじれ」が、日々の不調を引き起こす原因のひとつとなっているんですね。

凝り固まったところは、優しく動かし、正しい状態にしてあげることで、身体を楽にすることが、この施術の目的です。

強く揉まなくても、押さなくても、不思議と体がゆるみ、ととのっていきます。

脱がない全身リラクゼーションエステは、心地よさと安心感を、身体全体でうけとめていただけるのが特徴です。

弾力性のある身体をつくることが、やわらかくみずみずしい肌づくりにも、影響をあたえます。

身体と心の奥深い部分がリラックスする感覚を、ぜひ体感してみてください。

脱がない全身リラクゼーションエステの流れ

ご予約

まずは、予約フォームからご連絡ください。 予約日時を調整させていただきます。

STEP
1

ご来店

予約日時の5分前までに、ご来店ください。

はじめにお着替えをしていただきます。伸び縮みのするゆったりサイズのリラックスウェアを、こちらでご用意しております。

STEP
2

写真撮影

状態の変化をお写真で確認していただくため、施術前の状態を、写真におさめます。

とくに、後ろ姿の変化は、ご自身では実感しにくいものです。

無断で写真を公開することはありませんが、どうしても写真におさめたくないという場合は、お申し出ください。

STEP
3

カウンセリング後、施術スタート

現在おつらいところや、気になる箇所をお聞きして、うつぶせの状態から始めます。

背中から始まって、顔、頭、腕、足、すべて触れていきます。

メイクはしたままでもOKです。

STEP
4

エステティシャン 紹介

黒川結子

はじめまして、ふれけあ店主の黒川結子です。

1996年に独立し1人サロンを開業。
興味の涌くことはいろいろあるけれど、仕事は理容ひとすじ!

理容師なのでシェービング以外にも、髪のカット、パーマ、アイロン、カラーなど、当然ですが行ってきました(います)が・・・
理容師3年目を過ぎたころから、ご来店するお客様の変化に気が付くようになりました。
「今日は元気そう!」「あれ、今日はずいぶん元気がないな」「なにか辛いことでもあったのかな?」と、表情からというよりは、顔色や、頭皮や肩周りの感触、お客様の発する空気感から、そんなことを感じるようになり、ならば、少しでも元気になってお帰りいただきたいとおもい、2000年からはリラクセーション力を高めたメニューを主体に行っています。
人が人の手の温もりによって元気になれること、気取らずに入れるサロンであること、そんな日常に寄り添うことができる理容室として存在したいと、国家資格の理容仕事に枝づけできる癒し技術を、今もなお更新中です。

技術資格

  • 1989年 理容師免許-国家資格-
  • 2002年 トータルヒーリングボディケア取得
  • 2015年 シェーブマイスター 一般社団法人日本シェーブマイスター協会(JASMA)認定
  • 2017年 理想ボディメイククリエイター®︎認定

衛生管理

  • 1993年 管理理容師
  • 2016年 エステティック衛生基準eラーニング修了 公益財団法人 日本エステティック研究財団認定
  • 2016年 日本化粧品検定3級 一般社団法人日本化粧品検定協会
  • 2016年 理容衛生管理者習得 一般社団法人 日本衛生管理協会

脱がない全身リラクゼーションエステへの思い

私は、2005年に子宮頸ガンと、診断されました。

その半年後、鎖骨下リンパ(ウィルヒョウ)への転移が見つかりました。

手術と放射線治療を行い、10年たった今「ガンは消えた」と担当医師にも言われています。

(続きを読むにはここをタップ)

おかげさまで、のんびりペースではありますが、20年営業してきた理容室を続けているところです。

しかし、放射線治療には、次のようなリスクがあると、放射線担当医から聞かされていました。

  • がん細胞のほかに、正常な細胞も破壊するので、場合によっては膀胱壁も穴が開くことがあります。
  • 仮に、治療後すぐには大丈夫でも、5年後10年後に穴が開くこともあります。
  • 放射線治療で破壊されたところは、悪化することはあっても、良くなることはありません。

そうは言っても、生き延びるためには、放射線治療をするしかなかったわけですが。

術後、5年が経過したころだったでしょうか。

だんだんと、放射線治療後の不都合を感じ始めました。

  • 左鎖骨部の冷え感が激しく、痛みを伴うほどで、左肩から指先までは常に冷え切っている
  • 立っていても寝転がっていても、身体が旋回しているように感じ気持ち悪い感覚
  • 左側の骨盤前後が中で鷲掴みにされた感じの痛みを感じる

など・・・

放射線を当てた個所の冷えは、表面の皮膚ではなく内側に起こっている感じなんです。

まるでコンクリートに触れているみたいに。

その辛さは、自分の力ではどうにもできず、とあるリラクゼーションサロンに出向きました。

私はもともと、強いマッサージが苦手でしたし、術後ということもあり、「ごくごく軽いタッチで」とお願いしたのですが

施術者の方は、凝り固まった私の身体を気の毒に思ってくださったのでしょう、じょじょに力が入り、なんとかほぐそうとしてくれました。

しかしそれは、私にとって逆効果となるものです。

予想通り、発熱してしまい、激しい筋肉痛や体のゆがみを感じるほどでした。

その方法が悪いと言っているわけではないんです。私には、合わなかったというだけです。

思うようにほぐれない身体を差し出してしまったことに、かえって申し訳ない気持ちになりました。

後日、ご縁があって、理想ボディメイククリエイターR?の大塚洋子先生のもとを訪れ、施術を受けることになったんです。

私の身体は、優しいタッチの施術により、一瞬で心地良さに包まれました。

全身のめぐりがよくなっていくのを感じ、ポカポカと体の中から温まって、うっすらと汗ばんでさえいました。

触られているだけなのに、少しずつ体がほぐれてくるのがわかりましたし、重い腕も足も、とても軽くなるのがわかりました。

この施術は、私のように、病後の副作用に苦しんでいる方や、刺激に敏感な方に、ぜひ受けてもらいたい! 苦しむ方を少しでもラクにして差し上げたい!

そう強く思った瞬間です。

その後、理想ボディメイククリエイターR?の資格を取得し、こうしてサロンでサービスを提供することになりました。

心も身体も健康であることが、もちろん理想的です。

しかし、長く生きていればこそ、そうもいかない場合もあるでしょう。

子宮がんを患ったことがある、私のように。

それでも、私は少しでも健康に近づくことをあきらめたくありませんでした。

同じように苦しんでいる方に、この思いが届くことを願っています。

黒川結子

予約フォーム

    氏名(必須)

    よみがな(必須)

    メールアドレス(必須)

    当日連絡が可能な電話番号(必須)

    ●同時にシェービングをご希望ですか? 下のメニューからお選びください。

    【メニュー選択】

    ご希望日時(例)6月1日(水)17:20(必須)

    MENU
    PAGE TOP